スキップしてメイン コンテンツに移動

2月24日、MIRAI TOWERでウクライナ復興支援コンサート


 2月24日夕方、名古屋市中区の中部電力MIRAI TOWER(名古屋テレビ塔)1階で「ウクライナ復興支援チャリティコンサート〜平和の鐘が響き渡ることを願って」を開催する。このコンサートは、ウクライナ、日本両国にいる合唱団がオンラインで合唱交流を行い、平和を願う歌声を届けようというもの。開演は午後5時(4時45分開場)で、入場料無料。主催は一般社団法人ウクライナ人道支援ジャクユーサポートで、Nanzanチャリティコンサート有志団体、日本ウクライナ文化協会が共催、愛知県が後援、金城学院大学が協力、BRAVOが特別協賛する。

 出演団体はウクライナ(中継)からモラフスキー室内合唱団、日本(会場合唱)からは聖歌隊南山大学スコラ・カントールム、金城学院大学クワイア、名古屋学院大学聖歌隊、名古屋学院大学聖歌隊、合唱団花集庵。合唱曲は故郷(ウクライナ語、日本語)、Carol of the Bells(ウクライナ語、英語)など。演奏会はウクライナの首都キーウとオンラインで演奏交流するもので、モラフスキー室内合唱団の演奏はオンライン映像を大型スクリーに映し出して行われる。

 モラフスキー室内合唱団は、2016年9月に設立された、芸術監督で指揮者のオレナ・ラドコが率いる、様々な職業や音楽的背景を持つ人々で構成されるクリエイティブなチーム。レパートリーには典礼音楽、古代音楽、現代音楽、そして海外の音楽も含まれている。2022年から23年にかけてフランスのブルゴーニュ地方を2度巡回し、戦争で苦しむウクライナ人のため寄付を集めた。2023年にコーラス・インサイド・スペイン国際合唱コンクールで金賞(1位)受賞。

〈コンサートの協賛企業・団体〉


コメント

このブログの人気の投稿

たまにわ酒店で完売のウクライナウォッカ再入荷

   酒販事業「たまにわ酒店」を展開する高浜市の運送会社エーアイエスは、完売した日本初輸入のウクライナウォッカ「Distil(ディスティル) No9」を再発注していたが、4月中旬に入荷したことから出荷を開始した。ディスティルNo9は昨年末に中部空港にボトル576本が到着、1月24日から販売を開始した。NHKの情報番組「まるっと!」や日刊紙などで報道されたこともあって、発売約1カ月後の2月末には完売した。このため、ウクライナの酒造会社「Premium Spirits Brands」に日本向けて生産を開始してもらっていた。  4月にウクライナから到着したディスティルNo9は、初回入荷分の2倍の1152本。事務所に山積みしている商品のうちすでに20ケースは予約客に出荷済みだが、在庫量が多いことから今後得意先のバーなど飲食店に拡販すると共に、自社サイトのほかにAmazonマーケットプレイスも利用してネット販売に力を入れていく計画。さらに卸売免許が取得できたことから、大口注文が期待できる酒販店への営業活動も行っていくという。  エーアイエスのウェブサイトによると、ディスティルNo9はウクライナ全土で生産されるウォッカの2%にあたる小麦のみを原料でつくられ、丁寧に濾過されたクリアーな味わいの中に繊細な麦の香りを持つ、スモールバッチで生産されているプレミアムウォッカ。。アルコール度数は40度で、容量700ml。小売価格4,680 円(税込)。飲み方としては、レモン炭酸水や午後の紅茶などのソフトドリンクで割れば飲みやすいという。ウェブサイトでは、安城市の「ミクソロジーバー ラトリエ」のオーナーバーテンダー考案のカクテル3種類を提案している。 ディスティルNo9(真ん中は未輸入の500ml) 事務所内のたまにわ酒店コーナー  同社のウクライナウォッカ輸入販売では、安城市の一般社団法人ウクライナ人道支援ジャクユーサポート葛西孝久代表理事が事業によるウクライナ支援を図るため仲介、日本への輸入を実現した。「今後、Premium Spirits Brandsがウクライナで製造販売する他の商品も輸入し、1万円台のより高級なウォッカも扱いたい」とエーアイエスの酒販事業を担当する浅野弘直氏。エーアイエスの事務所にはたまには酒店コーナーも設置されており、同氏が在社する時は販売対応も行っている。  た

雑誌「通販生活」がお詫び文、店頭販売は中止

  ロシア軍のウクライナ侵攻を喧嘩に例え、停戦を呼びかけた通販雑誌「通販生活」2023年冬号の表紙がSNSで相次いで非難されたことから、発刊元のカタログハウスは10月30日付で下記のような不適切な表現があったと下記のような文章を発表した。同時に11月に配本を予定していた通販生活2023年冬号の書店、コンビニでの店頭販売を中止すると明らかにした。  下記の文章で説明している巻頭特集「いますぐ、戦争をやめさせないと」では、元アフガニスタン武装解除日本政府特別代表・伊勢﨑賢治氏らの論文が掲載されている。中心となる伊勢﨑氏の論文の見出しは「両軍の兵力を引き離す緩衝地帯をつくり、中立・非武装の国際監視団が停戦を監視します」。 「 通販生活」読者の皆様へ 23年冬号の表紙へのお問い合わせについて  「通販生活」23年冬号の表紙について、10月27日夜、ウクライナ大使館がSNS上で非難の声明を公表されました。  それに対し本日、駐日ウクライナ特命全権大使のセルギー・コルスンスキー様宛に、ウクライナの皆様の祖国防衛の戦いを「ケンカ」という不適切な言葉で表現したことをお詫びする書面をウクライナ大使館にお渡ししました。  また、読者の皆様から、表紙にある「殺せ」「殺されろ」は、「ウクライナの人びと」への言葉なのかというお問合せも多くいただいています。「殺せ」「殺されろ」の主語は決して「ウクライナの人びと」ではなく、戦争の本質を表現したつもりです。どちらの側に理があるにせよ、「殺せ」は「殺されろ」の同義語になってしまうから、勃発した戦争は一日も早く終結させなくてはいけない。そんな思いを託して、このように表現しました。  つたない表現で誤解を招いてしまったことをお詫びします。理がウクライナ側にあることは、巻頭特集「いますぐ、戦争をやめさせないと」を読んでいただければおわかりいただけると思います。  申し上げるまでもなく、私たちはロシアの侵攻は許されるものではないと考えています。ウクライナ、そしてパレスチナ・ガザ地区において一日も早い平和が訪れることを願い、これからも非戦の特集に取り組んでまいります。